FX取引でのIFD注文

 

 FXでは通貨を利用して投資取引を行っていきますが、最も基本となる注文の種類は2つしかなく、一つは通貨を売る注文になり、もう一つは通貨を買う注文になります。

この2種類の注文を取引きを新規注文、取引きを終了する決済注文として使い分け、買い注文で新規注文をして取引きを立ち上げて、売り注文で決済注文をして取引きを締め「通貨を安く買って高く売る」方法で利益を求めることや、また、売り注文で新規注文をして取引きを立ち上げて、買い注文で決済注文をして取引きを締め「高く売った通貨を安く買い戻す」方法で利益を求めることができるのです。

複雑そうに見えるFXでの取引きですが、実はたったこれだけの仕組みで取引きが行われており、為替レートの変動を目の前にしながらこの注文を繰り返していく方法を「成行注文」と呼んでおり、最も基本的な投資スタイルになります。

FXでは、この基本を前提にして、為替相場の価格を指定して取引を行う予約注文を行うことができます。
これは「指値注文」と呼ばれるもので、あらかじめ決められた価格を示すことで、為替レートがその価格になった時点で注文が約定されるというものになります。

の指値注文は新規注文でも決済注文でも行うことができ、例えば自分が投資を始めたい価格を指定して買い注文を新規に置いておけば、望んだ価格からの取引きを行うことができます。

また、すでに新規注文を立てた状態から、決済注文として指値注文を置いておけば、自動的に利益を確定してくれることになり、利益が出る方向に進んでいく為替相場を追いかけるようにしてこの注文を入れていけば、レートが反転したとたんに利益を確定できるために、安心して利益の拡大を目指すことができます。

さらに、この決済注文で利益の出る方向ではなく、損失の出る方向に注文を置いておけば、投資家の任意の価格で損失を最小限に抑える「損切り」の注文をすることができ、このケースでの指値注文を損失方向の為替値を指定していくことから「逆指値注文」と呼んでおり、損失を最小限に抑えることが成功の要ともいわれているFX取引では、必要不可欠の予約注文といわれています。

さらに、この予約注文を複数同時に発注して取引きが行える組合せ注文というものも存在しています。
この注文方法は、「IFD注文/アイエフディー(IF Done)」と呼ばれており、「一つ目の注文の約定を前提条件として、二つ目の注文が発注される」という特性を持っています。

これを利用することにより、為替レートが投資家の任意の価格になったら一つ目の注文が約定されて新規注文が立ち上がり、同時に決済のための注文が予約されることになります。
このれを利用することにより、自分の好きな相場から取引きを始めることができ、決済注文を逆指値注文で置いておけば、万が一の場合の損切りも自動的に設定できるために、損失を最小限に抑えた投資取引が、自動的にセットされ、じっくりと利益を待つという投資スタイルが確立できるのです。

FXの取引注文は、実にシンプルなものになっていますが、こうした様々な予約注文や組合せ注文を利用することによって、投資戦略的にも幅の広い方法論を使って取引きを展開することができますので、いろいろな注文方法を試してみることをお勧めします。