メジャー通貨とマイナー通貨の特徴

 

sdf77sf8 世の中に出回っている通過には、メジャー通貨とマイナー通貨と呼ばれるものがあります。メジャー通貨とは、ドルやユーロ、円などが代表的なもので、市場での取引量が多く、また流動性が高いという特徴があげられます。

そのためメジャー通貨では、相場が予測不可能な大暴落をしたりする事も少なく、通貨の価値が無くなる事もないに等しい為、非常に安定した取引が行える通貨だと言えるのです。AUDもまあまあのメジャー通貨として扱われることがほとんどで、ハイローオーストラリアでは専門でできるようになっています。

そしてマイナー通貨の特徴は、市場が限られており流動性も低いという事です。またマイナー通貨の場合、金融市場が安定せず通貨の価値が一気にゼロになってしまうという危険性をはらんでいます。そのため、信用性に乏しいというデメリットも含んでいるのです。

ではマイナー通貨にはメリットが無いのかというと、そうではありません。マイナー通貨は高金利設定となっているケースが多く、相場の変動も激しい為、リスクが高い代わりに大きなリターンを得られる可能性もあります。

FX投資では、メジャー通貨とマイナー通貨のどちらに重点をおいて取引を行えば良いのでしょうか。FX攻略サイトや投資家の間でも、意見が異なっているのですが、絶対的な正解はないと前置きした上で言うならば、メジャー通貨の方が扱いやすいと言えるでしょう。

何故ならば、マイナー通貨をメインにFX投資を行う場合でも、FX攻略の際にはメジャー通貨の動きを知る事が必要になります。専門的な知識や経験が豊富な人でも、マイナー通貨を扱った取引は面倒が多いので、スムーズに取引を行う事は容易ではありません。

そのため、リターンが大きいというメリットがありながらも、実際にマイナー通貨を扱う投資家はプロでも少なくなっています。しかし、投資家の中にはこのハイリスクハイリターンのマイナー通貨で大きな利益を得ている人がいるのも事実です。このように、一概にメジャー通貨とマイナー通貨のどちらが良いのかとは言い切れないのです。ただ、やはりFX初心者には扱いやすいメジャー通貨をお勧めします。

メジャー通貨で経験を重ねるうちに、FXのコツを掴みマイナー通貨のメリットを生かした戦略も覚えていくと良いでしょう。メジャー通貨でFXの一連の動きを覚えてから、マイナー通貨に手を出し始めても決して遅くはありません。FXで成功する為には、自分に合った取引方法を見つける必要があります。自分には、どちらの通貨に重点をおいた取引方法が適しているのかを見極めていくのがベストなのです。